風俗を語ります

スタイリッシュな美人で最高な時間だった

スタイリッシュな風俗嬢はついついホームページで見ても注意が活きますよね。あれだけの美人なら是非とも相手をしてもらいたい。そう思える本当の美人だったんですよ。それだけでも自分の中ではかなりポイントが高かったんですけど、彼女はそれだけじゃないんです。スタイリッシュな美人なんです。あのスタイルはモデルとかでも全然いけるんじゃないかなって思うんですよね(笑)多少贔屓目も入っているかもしれないんですけど、あれだけ素晴らしいボディをしているとそれだけでも自分の中での時間を楽しめるかなって思いました。でもその日のことはあくまでも運が良かったからって思うようにしています。なぜなら、彼女クラスはそうそういないですよ(笑)彼女に慣れてしまったら、風俗嬢へのハードルが一気に高くなってしまうんじゃないかなって思うんですよね。だから一夜の夢というか、彼女の存在そのものが特別だったんだって自分に言い聞かせていますけどね。

風俗は時代も考えてこそかも

大袈裟かもしれないんですけど、風俗で遊ぶ時には時代背景も考えるようにしているんですよ。なぜなら、どんな女の子なのかは、時代とともに価値観が変化するじゃないですか。流行はもちろんですけど、それだけじゃなくていろいろなことを考慮しつつ、トータルで風俗嬢を選ぶよう心掛けています。それらが出来ると、一つの基準が出来上がりやすいんですよ。自分でどういったことを考えるのかはどうしても重要というか、真剣に考えるべき部分だと思いますし、さらに言えば楽しむのは自分じゃないですか。自分がどれだけ楽しめるのかは、自分がカギを握っていると言っても過言ではないんです。それに、女の子の世代によっては女の子の考え方も変わりますしね。だから風俗ではいろいろなことを考えてこそなのかなって思っています。その方が、結局は風俗がどれだけ楽しめるのかっていう一つのラインを設定できるだけじゃなく、実際に自分がどれだけ楽しいのかが変わってくるんですよ。