風俗を語ります

ある意味、落とし物ですしね

自分にとって性感マッサージは、風俗の中でのある意味落とし物とも言うべきものだったんですよ。なぜなら、それまで性感マッサージだけは遊んだことがなかったんです。これだけ何度も風俗で遊んでいるのにです。性感マッサージだけは遊んだことがなかったんです。だから「落とし物」と言う表現が一番ぴったりなんじゃないかなって思うんですけど、いつまでも落とし物じゃだめだなってことで、この前ようやく初めて性感マッサージを遊んできたんです。実際に遊んでみて、これは素晴らしいなってことに気付かされました。百聞は一見に如かずって言葉もありますけど、実際に性感マッサージを楽しんでみてこれは凄いなと。男のというか、マゾの願望が敷き詰められているなって思いました(笑)自分はそこまでマゾって訳ではないんですけど、思ったのはこれだけ気持ち良くしてもらえるのであれば気持ち良さを求めた時には性感マッサージは理想そのものなのかなって思いましたね。

顔に似合わないからこそ、燃えたんです

顔に似合わない巨乳風俗嬢ってそそられますよね。何となくですけど、巨乳っぽい顔もあれば、そうじゃない顔もあるじゃないですか。彼女はお店のパネルで見た時、綺麗な顔立ちだったのでそこまで巨乳だろうとは思わなかったんですよ。ただ、顔が美人なので別に胸は二の次でいいというか、自分自身微乳もそんなに嫌いではないので、それはそれでいいかなって思ったんですよね。でも蓋を開けると彼女は物凄い巨乳だったんですよ(笑)予想外という点ではこれまでで一番だったかもしれません(笑)それくらい彼女にはギャップを感じましたので、とっても素晴らしい風俗の時間を満喫することが出来たんじゃないかなって思っています。むしろそのおかげで自分の中でですけど、いろいろな気持ちを味わうことが出来たんじゃないかなって気持ちもありますし、やっぱりギャップって大切だよなってことにも改めて気付かされたので、今後はギャップにも注目したいなと(笑)